奥尻島観光協会ブログ

★「函館港祭り」よりお知らせです★

開港154周年記念函館港まつり ワッショイはこだてパレード「青森・みなみ北海道ご当地キャラクター号!」

運行についてお知らせです。

「函館港まつり」メインイベントであるワッショイはこだてへ、青森県内およびみなみ北海道のご当地キャラクターを

集め、オープンバス上から沿道の観客へ各市町村のPRを実施するご当地キャラクター号が運行します!

もちろん奥尻島大人気キャラクター「うにまるくん」も登場しますよ(*^_^*)v

■うにまるくんの登場情報■

 8月2日(金) 2号車 17:45〜18:10(予定)

 ※パレードの進行状況のよって時間が前後する場合がございます。

 開催場所は、・函館市役所(東雲広路)〜「函館駅前電停」〜「松風町電停」付近(600m程度)です。

うにまる(解像度大)

僕も出るよ〜、みんな会いに来てうに〜♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

個別ページ ■この記事のカテゴリ:未分類
1993・7.12北海道南西沖地震 震災20周年鎮魂行事

IMG_6214

7・12日  北海道南西沖地震から20年。これまで震災後1年や5年、10年などの節目に

町として198人の犠牲者の慰霊と再生を誓う式典を主催してきましたが、20年の今年で区切りを

付けました。今年で式を最後にする理由については、過去を振り返らずに島の未来に向かう契機としたい

と、奥尻町長の前向きな姿勢からきています。

最後の鎮魂行事という事と、震災から20年目という事から今回用意したキャンドルは2000本。

IMG_6165 IMG_6173

IMG_6182 IMG_6189

IMG_6192 IMG_6214

今年は2000本のろうそくで時空翔前にメッセージを灯しました。

メッセージは「20 海あれど 風こえて ふるさとに今」

IMG_6209

その他の行事では、慰霊碑献花、麻生 直子さんの鎮魂詩・朗読、鎮魂コンサートや灯ろう流し、

ほたる(300匹)を放したり、2000本の線香花火を参加者全員で行われました。

主催の「時空翔を灯す会」では、平成16年から震災・津波で犠牲になった方達への鎮魂として、時空翔に

キャンドルを灯し続けています。

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

北海道南西沖地震から20年、島民が一丸となって尽力し復興を果たしました。

だからこそ奥尻島は東北の被災者の方たちの希望にならなくてはいけないのです

大津波・大地震の経験者として、東北の被災者達になにができるのか、これから先も一緒に復興までの道のりを歩み

全力で応援していくことを強く強く心に誓った20周年鎮魂行事でもありました。。。

災害はいつ起こるかわかりません。忘れた頃にやってくるものでもありません。今日・明日起こっても

おかしくないのが災害です。

つぎは我が身という気持ちを常に意識し、防災意識を高め日々過ごしていくことが大事ですね!

IMG_6216

このキャンドルに込めた祈りがみなさんに届きますように・・・・・・。

 

 

 

 

 

 

個別ページ ■この記事のカテゴリ:お知らせ
✧✧島体験&島遊び✧✧防災フットパス・津波語り部隊

CIMG1952

防災フットパス・津波語りべ隊

■受入期間 4月〜10月
■営業時間 9時〜16時
■定  員 グループ10名〜
■体験時間 60分〜120分
■料  金 (地元ガイド付き)500円
申込期限 3日前まで要予約

■お申込先・お問い合わせ先■
奥尻島観光協会 ℡01397-2-3456

※防災フットパスとは・・・島のフットパスコースの青苗岬めぐりコース(Bコース)を歩きます。
青苗岬めぐりコースは、平成5年7月の震災で大きな被害を受けた青苗岬をめぐります。
磯船が並ぶ海岸とイカ釣り漁船が停泊する漁港、朝日も夕日も楽しめる南端の岬が見どころです。
津波館に立ち寄れば、震災当時の復興後の新旧市街地を見比べることができます。

◇防災フットパスのポイント
・世界で唯一の防災フット
・津波語り部隊がガイドします
・震災当時の状況・復興・防災を学べます
・島人ガイドだからより深い案内が可能です

◇津波語り部隊とは・・・
平成23年3月11日に発生した未曾有の大災害である、東日本大震災以降
奥尻島の地震・津波の経験や被災からの復旧・復興対策が全国から注目を集め、東北地方の被災地を始め
全国各地から約1000名の自治体・議会・研究機関・報道機関等の関係者が視察に訪れています。
これらのニーズに対応するとともに、北海道南西沖地震後の全国からのご支援に対する感謝と震災の
教訓を後世に残すため、町と連携して「奥尻島津波語り部隊」を結成しました。
この取り組みを通じて、ご支援を頂いた全国の皆様へのご報恩とともに東北地方の皆様への復興の
未来像や次世代を担う子供達への防災意識の高揚などにつなげていきたいと考えております。

 

個別ページ ■この記事のカテゴリ:奥尻島観光協会
どうみん割対象宿泊施設 どうみん割   奥尻得々プラン対象宿泊施設 奥尻得々プラン対象宿泊施設   帰りのフェリー運賃無料キャンペーン! 帰りのフェリー運賃無料キャンペーン!   奥尻ムーンライトマラソン公式WEB 奥尻ムーンライトマラソン   ひやま・奥尻島サイクルーズ ひやま・奥尻サイクルーズ   奥尻島バリアフリー観光マップ 奥尻バリアフリー観光  
  奥尻島・離島最北限のお米を守れ!プロジェクト

Facebookページも宣伝 ****************************
奥尻町のふるさと納税****************************
観光パンフレット無料送付中!
島あそび・島体験メニュー
奥尻島観光PR動画
奥尻島教育旅行のご提案
檜山の観光~檜山振興局~
せたな観光協会
江差観光コンベンション協会
ブログ内検索
カレンダー
2013年7月
« 6月   8月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
カテゴリ別一覧
月別一覧
LINKS
Feed
サイトマップ
奥尻島に旅行するなら