奥尻島観光協会ブログ

北海道指定有形文化財 「青苗遺跡」 出土品展示~奥尻が歩んだ時代(とき)が歴史を伝える~

皆さん、こんにちは。いつもブログを見て頂きありがとうございます。

この度、奥尻町海洋研修センター内にて、北海道指定有形文化財に認定された「青苗遺跡」の出土品が展示されています。

奥尻島内では、「新羅之記録」 「青苗砂丘遺跡」に次いで3例目になるそうです。

また、考古遺物としては初めての認定になりました。

この「青苗遺跡」については、珍しい事に「縄文時代」と「擦文時代」の複合遺跡だそうです。

発見された「青苗遺跡」は、擦文時代の後半に位置しています。

この「擦文時代」とは、7世紀~13世紀頃まで続いた北海道特有の文化になります。

また、「東北地方」や「律今国家」の影響も受けながら築かれて行きました。

その一方で、9世紀頃から南下してきた北方民族の「オホーツク文化」と融合しながら引き継がれている部分もあるそうです。

この遺跡からは、「擦文土器」と、漁業に使用した「骨角器」が発掘されています。

「擦文土器」とは、土器の表面をヘラ等で整えて作られた土器で、ヘラ等で擦るようにするところから「擦文」と言うそうです。

「擦文土器」にはまだ秘密があり、ひっくり返し底を見ると「刻印」が見られます。

この「刻印」は、日本沿岸の集団に共通している物で、その解釈としては持ち主の「祖印」と言われています。

漁業等に使用していた「骨角器」は、鉄器と組み合わせて使用されていたそうです。

「骨角器」を利用して捕獲されていたのは、「ニホンアシカ」や「アワビ」等が捕獲されていましたが、その後「ニホンアシカ」は乱獲が影響して絶滅危惧種(CR)に認定されています。

私の話だけでは伝わらない事だらけですが、奥尻島は北海道や本州の文化が融合し、独自の文化を築き上げてきたのでしょう。

見学は無料ですので、観光がてらに来てみてはいかがでしょうか。

私のおススメは、夏休みの課題にするのも良いかも知れません。

皆さんのご観覧を心からお待ちしています。

個別ページ ■この記事のカテゴリ:今日の奥尻島
帰りのフェリー運賃無料キャンペーン!
帰りのフェリー運賃無料キャンペーン!   どうみん割 対象宿泊施設 どうみん割   奥尻観光交通クーポンのご案内
奥尻観光交通クーポン   ひやまに泊まろう!キャンペーン
ひやまに泊まろう!キャンペーン   奥尻ムーンライトマラソン公式WEB 奥尻ムーンライトマラソン   ひやま・奥尻島サイクルーズ ひやま・奥尻サイクルーズ   奥尻島バリアフリー観光マップ 奥尻バリアフリー観光     ****************************
奥尻町のふるさと納税****************************
観光パンフレット無料送付中!
島あそび・島体験メニュー
奥尻島観光PR動画
奥尻島教育旅行のご提案
檜山の観光~檜山振興局~
せたな観光協会
江差観光コンベンション協会
ブログ内検索
カレンダー
2017年5月
« 4月   6月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
カテゴリ別一覧
月別一覧
LINKS
Feed
サイトマップ
奥尻島に旅行するなら