奥尻島観光協会奥尻島観光協会ホームページ

5月14日に青苗の港で、夜8時頃~9時半ぐらいに掛けて、ロックフィッシング(ワーム釣り)でホッケとアイナメ(アブラコ)が釣れました。
今の時期は大きい魚のソイなどが沖に出てしまうので、あまり釣りをやらない時期ですが、魚が見えたので期待しないで何気なくワームを投げるとなんと!!アタリが!!巻き上げるとホッケでした、まさか釣れると思ってなかった私でしたが、もお一度キャストすると、またもアタリが次はアブラコが釣れました。海を照らすと小さなオキアミが無数に居て、それを食べるために夜になると魚が集まって来るみたいです。奥尻島では、ホッケが高級な魚になりつつあります。今年は、釣り事態が不調みたいです。やはり海の環境も変化してきているのでしょうか?釣りの最後はゴミを持ち帰りましょう。

大崎ブログ写真

新

奥尻島の新しい試みを紹介します。フットパスのご案内と奥尻ブイヤベースのご案内いたします。
» 詳しくはこちら

食べる

ウニ・アワビ、四季を通じてあふれる海の幸、素朴でうまい山の幸。
味わい深い島の幸をめぐる旅。
» 詳しくはこちら

遊ぶ

離島のレジャーは、とことん体感型。
海水浴、ウィンドサーフィン、釣り、キャンプ、島歩き、そして温泉へ。
» 詳しくはこちら

観る

飾らない自然の姿。海岸線の奇岩、島の展望、表情豊かな太陽、島人たちの優しい笑顔
すべてが島の魅力です。
» 詳しくはこちら