奥尻島観光協会奥尻島観光協会ホームページ

7月8日午前6時、奥尻の青苗港の近海に、にっぽん丸が来航しました。
午前8時にはお客様が通船で360人が来島し、それぞれ観光バスでの観光や島歩きフットパス等の観光をされました。
奥尻島の名物ウニ丼をお召し上がりになったお客様もいて、とても満足したとの声を聞くことができました。
午後2時半には、歓迎セレモニーが行なわれ、青苗小学校の生徒がYOSAKOIソーランを披露しました。
CIMG2861
にっぽん丸は非常に大きな船で、総トン数21.903トン・乗客定員202室524名(最大)・全長166.65m、全幅24.00m、階数8階。
まさに、豪華客船!!ですね。

今回のにっぽん丸クルーズは7月5日に金沢を出発し、7月7日利尻・7月8日奥尻島・7月9日金沢に戻る、5日間にわたる船旅です。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
これが、お客様の乗る通船のテンダーボートです。

奥尻島もこの日は、天気に恵まれ少し暑いくらいでした。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
奥尻の特産品の販売の光景です。
島内のお土産店の方々が集合し、準備しているところです。

DSC_0035 - コピー
奥尻の旬の海産物の一つ、さくら貝です。奥尻ではさくら貝と呼びますが、他にはエゾバカガイ、青柳(あおやぎ)といいます。
今がちょうど旬の時期で、酒蒸しも美味しいのですが、やっぱり「焼き」が美味しいです!
にっぽん丸のお客様に振る舞うべく焼いております!!

DSC_0089 - コピー
歓迎の花束を船長さんに贈呈の写真です。

DSC_0100 - コピー
歓迎セレモニーとして青苗小学校の子ども達によるYOSAKOIソーラン演舞です!

今回、300名を超すお客様が奥尻へ上陸してくださいました!
夏の奥尻、十分に楽しんで頂けたのではないでしょうか。

来島されたにっぽん丸の皆様ありがとうございました!またのご来島を心よりお待ちいたしております。

新

奥尻島の新しい試みを紹介します。フットパスのご案内と奥尻ブイヤベースのご案内いたします。
» 詳しくはこちら

食べる

ウニ・アワビ、四季を通じてあふれる海の幸、素朴でうまい山の幸。
味わい深い島の幸をめぐる旅。
» 詳しくはこちら

遊ぶ

離島のレジャーは、とことん体感型。
海水浴、ウィンドサーフィン、釣り、キャンプ、島歩き、そして温泉へ。
» 詳しくはこちら

観る

飾らない自然の姿。海岸線の奇岩、島の展望、表情豊かな太陽、島人たちの優しい笑顔
すべてが島の魅力です。
» 詳しくはこちら