奥尻島観光協会奥尻島観光協会ホームページ

みなさんはこの花をご存知でしょうか?
バシクルモンというお花で日本固有種なのです。
悲しいことに「絶滅の危険が増大している種」である、絶滅危惧Ⅱ類に登録されています!
そんなとても貴重な花がここ、奥尻島に咲いているんです。場所はバシクルモン保護のため秘密です!
北海道では小樽と奥尻島でしか見ることができません。
別名「忍路草(オショロソウ)」ともいいます。これは小樽市の忍路海岸に生えることからきた名前です♪
基本種は中国などに分布する「ラフマ」という花で薬草や健康茶として知られています。
日本では「ヤンロン茶」として出ています。

奥尻島のある一角に咲いている「バシクルモン」・・・
どこからどのようにして根ずいたかは不明ですが、今年も元気よく満開に咲き誇っています♪
皆さんも見つけた際にはどうか優しく見守ってあげてください。

ばしるくるもん

ばしくる3

ばしくる2

                                                       奥尻島観光協会 ★KUDOU★

新

奥尻島の新しい試みを紹介します。フットパスのご案内と奥尻ブイヤベースのご案内いたします。
» 詳しくはこちら

食べる

ウニ・アワビ、四季を通じてあふれる海の幸、素朴でうまい山の幸。
味わい深い島の幸をめぐる旅。
» 詳しくはこちら

遊ぶ

離島のレジャーは、とことん体感型。
海水浴、ウィンドサーフィン、釣り、キャンプ、島歩き、そして温泉へ。
» 詳しくはこちら

観る

飾らない自然の姿。海岸線の奇岩、島の展望、表情豊かな太陽、島人たちの優しい笑顔
すべてが島の魅力です。
» 詳しくはこちら