奥尻島観光協会奥尻島観光協会ホームページ

本日(平成29年1月27日)、広島県尾道市の造船工場にて、奥尻航路のフェリー新造船の進水式が行われました。

16266351_603277173204500_5529674063870364610_n

16195132_603277229871161_977625219227467714_n
発表された船名は「カランセ奥尻」!お洒落な船名です!

船体は3650トンと、現在のアヴローラ奥尻と比較し、約+1400トンと大きくなります!
カランセは、ナツエビネの変種といわれるオクシリエビネの学名から命名されたそうです。

新造船はフィンスタビライザーも搭載されますので、安定運航が可能になります。

また、アイランドビューシートやレディースルーム等の新たな船室や、多目的トイレやエレベーターも設置されます。

詳しくはハートランドフェリー(株)のプレスリリースを参照ください。

新造船の就航は平成29年5月1日です!

さらに快適になったフェリーで船旅をお楽しみいただき、ぜひ奥尻島へいらしてください。

**************************
※ハートランドフェリー(株)Facebookページより抜粋
■【カランセ奥尻】の由来
奥尻島に咲く可憐な薄紫の花、「オクシリエビネ」。
レッドリスト登録のまぼろしのラン科の植物であり、花言葉は「誠実」。
この花の学名「カランセ/Calanthe」より命名しました。
島の花の学名より命名した船舶は、サイプリア宗谷に続く第2弾です。
カランセは、ギリシャ語でカロス=”美しい”、アントス=”花”の2語から花姿に由来します。
誠実に安全に、まぼろしの花咲く美しい奥尻島へみなさまをお迎えする「カランセ奥尻」が就航します。

■本船主要要目
〇総トン数 3,650トン
〇全長   約87m
〇定員   460名
〇積載台数 8トン積みトラックのみの場合  18台
乗用車のみの場合        48台
〇速力   約17.5ノット
**************************

 

新

奥尻島の新しい試みを紹介します。フットパスのご案内と奥尻ブイヤベースのご案内いたします。
» 詳しくはこちら

食べる

ウニ・アワビ、四季を通じてあふれる海の幸、素朴でうまい山の幸。
味わい深い島の幸をめぐる旅。
» 詳しくはこちら

遊ぶ

離島のレジャーは、とことん体感型。
海水浴、ウィンドサーフィン、釣り、キャンプ、島歩き、そして温泉へ。
» 詳しくはこちら

観る

飾らない自然の姿。海岸線の奇岩、島の展望、表情豊かな太陽、島人たちの優しい笑顔
すべてが島の魅力です。
» 詳しくはこちら