サイトマップ

奥尻島観光協会奥尻島観光協会ホームページ

皆さん、こんにちは。いつも、ブログを見て頂きありがとうございます。

今日は、「節分」と「恵方巻き」について、ご紹介していきたいと思います。

まず最初は、節分について書きたいと思いますが、皆さんは節分が年に4回もあるのはご存知でしたか。

「立春」、「立夏」、「立秋」、「立冬」が季節の始まりと言われ、この春夏秋冬の始まる日の前日を節分と言うそうです。

豆まきについては、もともとは中国から伝わってきた風習なり、日本では「文武天皇」の時代に初めて宮中で行われたそうです。

一般に定着したのは、室町時代と言われており、豆をまいて鬼を追い払う行事として定着したそうです。

ちなみに、今年は2月3日(土)が節分の日ですので、皆さんで鬼を奥尻島から追い払いましょう。

最後は、恵方巻きについて書きたいと思います。

恵方巻きの恵方とは、その年の福を司る神様「歳徳神」のいる方角とされております。

このころは、恵方巻きではなく「太巻き寿司や「丸かぶり寿司」と呼ばれていたそうです。

また、平成10年に大手コンビニエンスストアが全国販売する際に、「丸かぶり寿司 恵方巻き」と言う名前で販売した事で、日本各地に名前や習慣が広まったと言われております。

さらには、恵方を向いて1本まるごと食べる事で無病息災や、商売繁盛の運を一気に頂く意味もおあるとされ、途中で止めてしまうと運を逃すとも考えられております。

平成10年以降は、ロールケーキやワッフルまでもが恵方巻きとして販売されております。

今年の恵方は、南南東になりますので2月3日は豆まきと一緒に恵方巻きも食べて健康と幸せを掴み取りましょう。

ちなみに、奥尻島ではオオワシやオジロワシが、鬼を近づけ無い様にしてくれているかも知れませんね。

その素晴らしい雄姿を、奥尻では見ることが出来ますので、ぜひ奥尻島に来て頂き写真に収めてほしいものです。

奥尻島の自然の中を、優雅に飛ぶ姿はまさに圧巻と言えます。

皆さんのご来島を心からお待ちしております。


新

奥尻島の新しい試みを紹介します。フットパスのご案内と奥尻ブイヤベースのご案内いたします。
» 詳しくはこちら

食べる

ウニ・アワビ、四季を通じてあふれる海の幸、素朴でうまい山の幸。
味わい深い島の幸をめぐる旅。
» 詳しくはこちら

遊ぶ

離島のレジャーは、とことん体感型。
海水浴、ウィンドサーフィン、釣り、キャンプ、島歩き、そして温泉へ。
» 詳しくはこちら

観る

飾らない自然の姿。海岸線の奇岩、島の展望、表情豊かな太陽、島人たちの優しい笑顔
すべてが島の魅力です。
» 詳しくはこちら