奥尻島観光協会奥尻島観光協会ホームページ

奥尻島観光協会のブログをご覧の皆様、こんにちは!(^^)!
いつもご覧いただき、ありがとうございます。

今回は奥尻島の南にある、青苗地区と米岡地区の神社を紹介します!
まずは青苗地区にある言代主神社です。
この神社には八重言代主神(やえことしろぬしのかみ)という神が祀られていて、日本の国造りを行った国津神(人々が住むところの近くの山に住まう神々)と言われています。
御利益は商売繁盛、開運、厄除け、福徳円満、病気平癒、海上安全、大漁満足、学業、歌舞音曲などがあります。

次は米岡地区にある、齊明神社です。
この神社には天照皇太神(あまてらすおおみかみ)という神が祀られています。この神の名は結構有名ですよね(^^♪
御利益は国土平安、五穀豊穣、生命力向上などです。
天照大御神の別称で、全6個の別称があります。
イザナギから生まれた太陽神の女神とされています。
天照大御神は各地の天祖神社や摂社・末社として全国の神社に祀られていますが、伊勢神宮内宮が一番有名であり、皇室・総理大臣も参拝します。

新

奥尻島の新しい試みを紹介します。フットパスのご案内と奥尻ブイヤベースのご案内いたします。
» 詳しくはこちら

食べる

ウニ・アワビ、四季を通じてあふれる海の幸、素朴でうまい山の幸。
味わい深い島の幸をめぐる旅。
» 詳しくはこちら

遊ぶ

離島のレジャーは、とことん体感型。
海水浴、ウィンドサーフィン、釣り、キャンプ、島歩き、そして温泉へ。
» 詳しくはこちら

観る

飾らない自然の姿。海岸線の奇岩、島の展望、表情豊かな太陽、島人たちの優しい笑顔
すべてが島の魅力です。
» 詳しくはこちら