Welcome to OKUSHIIRI.Isl

皆様こんにちは。

本日もお客様と復興の森へ行ってまいりました。

秋の森は空気もひんやりと気持ちよく、春夏にはない魅力がありますね。

北海道の秋を代表する花、アキノキリンソウが咲いていました。
鮮やかな黄色が綺麗ですね!

近くにはツルリンドウの花と実を発見しました。
つぼみもありましたので、もう少しお花が見れそうです。

また、今日は初秋の森の風景も一緒にお届け。

まだ葉の色づきはもう少し先でしょうか。

散策路からのブナ林です。

また森に入った際は小さな発見をアップいたしますね!

それでは今日はこの辺で。

久しぶりに復興の森にてお客様をご案内いたしましたので、咲いていた山野草のレポートをします。

ネジバナ(捩花)

その名の通りねじれたように一般的には6~7月頃が花期とされていますが・・・これは、夏の終わりから秋に咲くというアキネジバナということになるのでしょうかね・・・

スッとした姿が美しいですね。


 


 

ゲンノショウコ(現の証拠)

センブリやドクダミ等と並び、江戸時代から民間薬として用いられるようになったそうです。
白く艶やかな花弁がとっても綺麗ですね~。

本日久しぶりに、お客様を復興の森へご案内いたしました。

ギンリョウソウ(銀竜草)がちょうど見頃となっております。

白色の半透明で、透き通った姿がなんとも美しいですね~。

中国では、水晶蘭と呼ばれています。

ギンリョウソウは腐生植物で、菌類に寄生し、そこから間接的に栄養を得て成長するそうです。

毎年、この時期に復興の森で見頃となりますが、今年は入口近くで群生地を発見いたしました!

これほど多くの個体が同じ場所に固まっているのは珍しいです。(通常は2~3本)

森の散策が好きな方は必見です!

皆様こんにちは~

先日はツバメオモト(前回記事を見る)をご紹介させていただきましたが、日中は暖かい日も多くなってきましたし、山野草を見つける楽しみも広がりますね!

さて、本日もお客様をご案内した際に復興の森に咲いていた花を紹介します~!

ズダヤクシュ
名前の由来は信州地方の方言からだそうですね。
本当に小さな可愛らしいお花です。

オオタチツボスミレ
スミレは本当に色々な種類があって、見分けが難しいですが、これは背丈も30cmくらいと大きめです。
花弁の後ろに白い部分がついてたので、多分間違いないかと思われますが・・・。
詳しい方がいらっしゃいましたら観光協会までご連絡くださいませ(笑)
散策路沿いに群生しており、紫のじゅうたんを敷いたようでした。

最後に、マイヅルソウ
5月中旬には葉だけでしたが、チラホラと咲き始めていました。
お客様曰く、奥尻のマイヅルソウの葉は大きいとか・・・。
これから見頃となりそうです。

皆様、こんにちは。

本日は、関東からお越しのお客様を復興の森にご案内した際に咲いていたお花をお届けします。

今日もスミレやコミヤマカタバミが沢山咲いておりましたが、散策コース後半の方で、ツバメオモトを発見いたしました~!
葉だけのツバメオモトも多くありましたので、これから見頃かもしれません。
白がとっても美しいですね。
また森に入った際は花の情報をお届けしたいと思います!

皆さん、おはようございます!

最近は、奥尻島も日中ぽかぽかで暖かい日が多くなってきました。

そんな陽気が後押しし、木々も鮮やかな緑色の葉に包まれるようになってきました。
島の大半を占めるブナですが、「奥尻21世紀復興の森」では気軽にブナの森を散策できるコースがあります。
※新日本歩く道紀行100選シリーズの森の道にも選出されました。

【ブナの新緑】

ちょうど今の時期は、暑くもなく散策するにはちょうど良い気候です。
若々しい新緑が美しいですね!

お花の方はというと、4月末頃は、カタクリも沢山咲いていたのですが、カタクリは終わってしまいましたね。
エゾエンゴサクは辛うじて少しお花が残っていました。

【コミヤマカタバミ】
森の中へ入っていくと、コミヤマカタバミが群生といってよいくらい沢山咲いていましたよ。
カタバミというと黄色のイメージですが、こちらは白に薄っすらピンクのお花です。
小さなお花なので踏まないよう注意が必要です

【スミレサイシン】
紫が鮮やかで非常にかわいらしい花です。
散策路を進みブナの大木を過ぎてからの、コース後半に多く咲いています。

森を散策しながら小さな発見を楽しむのもおすすめですよ!
また、お花を発見したらアップしていきたいと思います。
お楽しみに!

奥尻島観光協会ブログをご覧の皆様、こんにちはi01.gif
5月に入り奥尻島も、せたな―奥尻間のフェリー運行開始し観光シーズンが始まろうとしています。
桜の方は北海道では、函館、松前で咲いているのがみられます。
奥尻島の桜も、色が付き始めたところや、咲いているのがみられました。

こちらが奥尻島、幌内地区の桜です↓

 

その他にも4月に花期をむかえる「エゾエンゴサク」も見ごろをむかえています。
エゾエンゴサクは白樺やブナなどの明るい林の下で咲いたりします。
昔、名前の由来は、薬湯植物として入ってきた中国の「延胡索」(エンゴサク)がそのまま使用されているそうです。

復興の森で咲く、エゾエンゴサク。↓

 

奥尻島は花だけではなく、たくさんの観光スポットもございますので、皆様のご来島心よりお待ちしています。

奥尻島観光協会のブログをご覧の皆様、こんにちは。

いつもご覧いただき、ありがとうございます。

今日は観光とは違った植物についてお伝え致します。

奥尻島には「はまなす」や「カタクリ」など沢山の花が咲きますが、カタクリはカタクリでも白色のカタクリが奥尻島で咲いていました。

なぜ白のカタクリが咲くのかを見てみると、色素が形成されず白花変種がおきて白いカタクリが咲くのではないか、、、?と言われています。

なので一般的なカタクリの色は、紫色ですが、白色と言うのは珍しいということです!!

群生地は島根県や山口県といった中国地方ですが、そちらの地域でも中々白色のカタクリのご覧になるのが無いようです。

もちろん北海道や雪国の地域でも咲きます。なので雪国の地域では「雪国のカタクリ春告げ花」とも言われています。

奥尻島もだんだんと暖かくなり観光シーズンを迎える季節になりました。

ぜひ、ゴールデンウィークには奥尻島へお越しください。

お待ちしております。

 

 

 

 

 

奥尻島観光協会のブログをご覧の皆さまこんにちは!いつも奥尻島観光協会のブログをご覧いただきありがとうございます。

今年の夏に来襲した台風によって、海沿いの木々が塩害を受けてしまいました。一見すると紅葉が始まったように見えますが、近くで良く観察してみると木々の葉が枯れてしまっているのがわかると思います。

そんな奥尻島なのですが、一歩山の中に入ると濃い緑が充満しています。

%e7%b7%91%e3%81%ae%e3%83%88%e3%83%b3%e3%83%8d%e3%83%ab

この写真の場所は特に観光スポットとしてご紹介はしていませんが、道の両側からブナの木が張り出して葉っぱでトンネルのようになっています。

舗装されていないので、一見林道や農道のように見えますが、れっきとした道道39号線です!道道を横断するようにイワナが住む清流も流れていますよ。

%e6%b8%85%e6%b5%81

「観光スポットとしては紹介していない場所でおススメはありませんか?」「うにまるマンホールはどこで見られますか?」「カントリーサインはないのですか?」などのお問い合わせをいただくことも増えました。

dsc02341

dsc02397

お客様の様々なご要望に的確にお応えできるように、日々精進します。

 みなさんこんにちは(*^-^*)

この度、奥尻島で育てているりんごを収穫しました。

幼稚園・小学校・中学校の生徒達がりんご狩りをし、

とっても楽しんでいました。子供たちの中には

りんごにかぶりつく子や、両手いっぱいにりんごを

抱えてる子がいました( *´艸`)

 

IMG_8599

↑↑↑りんごがたくさん実っていますね♪

IMG_8604

IMG_8598

↑↑↑りんごにかぶりついていますね(≧▽≦)

IMG_8596

↑↑↑短時間でこんなにも収穫しました!!

 このりんごの木は20年前に七飯町より頂き
今現在、70本くらいあります。
種類は王林などとても甘い品種です(*^-^*)

 子供たちが収穫したりんごは、ジャムやアップルパイにして
美味しく頂いていましたよ。

また来年もたくさんのりんごが収穫できるといいですね。

 みなさん、いかがお過ごしですか?(*^-^*)

 

この度、奥尻町役場(水産農林課)によって【栗の木】1500本が植樹されました。

植樹場所は、『奥尻島・豊かな森』と名づけられた山林の中です。

 奥尻島に栗という新たな特産を生むことにも期待でき、

将来、観光資源になるための森作りを進めている真最中です!

 いつか、栗の名産地として名を挙げることが出来たら嬉しいですね♪

 

IMG_8500

↑↑笹だらけの土地を開拓し植樹場所を作りました(゚д゚)!

IMG_8483

↑↑クワで穴掘り!とっても大変な作業です。。。

IMG_8478
IMG_8479
IMG_8492

↑↑掘った穴に栗の木を心を込めて植樹しました(#^^#)

IMG_8489

↑↑1500本の栗の木!全部手作業で植樹しました(*ノωノ)

IMG_8505

 元気に大きく育ってくれることを願い、そして近い将来
奥尻島の新たな観光資源としてみなさんに活用できますように。。

 植樹された役場関係者のみなさん、本当にお疲れ様でした(#^^#)

忍路草という花が奥尻島に咲きました。多年草で花名はバシクルモンと言います。

この花の名前はアイヌ語に由来してパスクルとムムの言葉が繋がりパスクルムムが転訛しバシクルモンになったと

言われています。もう一つは北海道の小樽市忍路(おしょろ)で発見されたことに因んでつけられたそうです。

ちなみにパスクルとはアイヌ語でカラス、ムムは草の事を言うそうです。

※転訛とは語の本来の音がなまって変化すること。また、その語や音。

花の特徴は茎先に円錐花序(下のほうになるほど枝分かれする回数が多く、全体をみると円錐形になる)を出し、淡い紅紫色の小さな花をつける。花冠は狭い鐘形で、先は5つに裂けることが特徴です。

生育地は海岸の草地です。

また花を見つけましたら、Upしていきたいと思います。お楽しみに…..

 

第8回奥尻島観光
フォトコンテスト!第8回奥尻島観光フォトコンテスト!

帰りのフェリー運賃
無料キャンペーン!
体験プログラム

HOKKAIDO LOVE!割
対象宿泊施設
HOKKAIDO LOVE!割

奥尻観光交通
クーポンのご案内
奥尻観光交通クーポン

奥尻島キャンプ情報
奥尻キャンプ情報

奥尻ムーンライト
マラソン公式WEB
奥尻ムーンライトマラソン

ひやま・奥尻島
サイクルーズ
ひやま奥尻サイクリング

奥尻島バリアフリー
観光マップ
奥尻バリアフリー情報

ふるさと納税

観光パンフレット送付中

島あそび

観光動画の紹介

防災教育旅行プログラム

北海道・檜山の旅

せたななび

江差観光ポータルサイト

アーカイブ

奥尻島 せたな町 江差町 函館市

奥尻島へのアクセスは海と空から!

奥尻島へは、江差町から運航するフェリーか
函館空港・丘珠空港(札幌)から運航する飛行機でお越しいただけます

フェリー
所要時間:約2時間10分
飛行機
所要時間:約30分 函館
飛行機
所要時間:約50分 丘珠
奥尻島へのアクセス