Welcome to OKUSHIIRI.Isl

温泉イメージ

温泉

奥尻島自慢の天然温泉は、島の玄関口である「フェリーふ頭」
の真裏、島の西側に位置する湯ノ浜地区神威脇にあります。
日本海を望む神威脇漁港に隣接して、町営「神威脇温泉保養所」があります。
神威脇という土地は、島の最高峰である神威山(584.5m)のふもとに
へばりつくような場所にあります。
太平洋戦争後まもなく、国後島の住民280人が移住し、
苦労の末に開拓したという歴史を持っています。
「神威脇温泉保養所」の1階浴槽に注がれる温泉は、
まさに源泉そのままの状態。
茶色く色づいた湯は、体にしっとりと絡みついてくるような印象です。
2階の浴室は、神威脇漁港を見おろし、さらに日本海を見わたせるように、
海側がガラス張りとなっています。
海に沈む太陽を刻一刻と眺めながら、湯に浸れるのが醍醐味です。
こちらの浴槽は、1階と同じ温泉に鉄分除去の目的で塩素を加え、
さらに砂で濾過した湯が注がれています。

神威脇温泉保養所

温泉場所
【泉質など】
含塩化土類-食塩泉(ナトリウム・カルシウム-塩化物泉)
※2本の源泉を混合したもの分析(浴槽へも混湯した温泉を注いでいる)/
源泉温度64.3度/ph値6.56/毎分285リットル湧出(源泉2本の合計)/
地下30メートルから動力揚湯/冷却のための加水あり(加水率5%前後)/
循環なし・かけ流し方式/2階大浴場のみ鉄分除去を目的に、塩素投入および濾過
(砂を利用)/浴槽の換水および清掃は毎日

【営業情報】

入浴料 大人(中学生以上)420円、小人160円、幼児 無料
営業時間 10:30~20:30
定休日 12月31日~1月2月 休業

【交通アクセス】
奥尻港フェリーふ頭から、路線バス「神威脇」行き乗車で約55分(1日4本)。
料金は大人1030円。

奥尻島 せたな町 江差町 函館市

奥尻島へのアクセスは海と空から!

奥尻島へは、江差町から運航するフェリーか
函館空港・丘珠空港(札幌)から運航する飛行機でお越しいただけます

フェリー
所要時間:約2時間10分
飛行機
所要時間:約30分 函館
飛行機
所要時間:約50分 丘珠
奥尻島へのアクセス