奥尻島観光協会ブログ

ハートランドフェリーについてのお知らせ

【お知らせ①】

「カランセ奥尻」は2021年3月30日~4月16日までの期間、函館のドッグにて船体整備を行います。

それにより同期間中の江差~奥尻航路は「サイプリア宗谷」が代替船として運航します。

【お知らせ②】

4月よりフェリー時刻が変更になります。

奥尻発 07:00~09:10 江差着

江差発 13:00~15:10 奥尻着

上記のように変更になります。

期間は2021年4月1日~4月28日まで変更となりますので

十分にお気を付けください。

詳しい内容につきましてはハートランドフェリーのサイトをご覧ください。

またご来島される際は、引き続きコロナ感染症対策のご協力をお願い致します。

ハートランドフェリー|利尻島・礼文島、奥尻島を結ぶフェリー航路 (heartlandferry.jp)

個別ページ ■この記事のカテゴリ:今日の奥尻島
【神社シリーズ第5弾】(最終章)

奥尻島観光協会のブログをご覧の皆様、こんにちは!(^^)!
いつもご覧いただき、ありがとうございます。

今回は奥尻島の東にある、宮津地区と奥尻地区の神社を紹介します!
まずは宮津地区にある中津島神社です。奥尻島では宮津弁天宮と呼ばれています。
この神社には中津島姫命(なかつしまひめのみこと)という神が祀られています。
ただこの名は別名で、本当の名は市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)といいます。
別名は全8個持っていると言われています。
市杵島姫命は宗像三女神の中の一人で、宗像三女神の誕生はアマテラスがスサノオの剣を噛んだことで生まれました。
御利益は航海安全、交通安全、富貴栄達、金運・財運向上、商売繫盛、学業成就、諸芸上達、国家鎮護などです。

次は奥尻地区にある澳津神社です。
この神社には澳津島姫命(おきつしまひめのみこと)という神が祀られています。
この名も別名で、本当の名は多紀理毘売命(たきりびめのみこと)といいます。
澳津神社は19世紀の始めに、今宮津弁天宮が建てられている弁天岬に建立されていました。
そして天保12(1841)年には現在地に遷りました。
多紀理毘売命は市杵島姫命と同じく、宗像三女神の一人。
多紀理毘売命の最初の三文字「多紀理」は海上の霧という意味を持ち、海上の守護神とされています。
御利益は子宝・安産祈願・縁結び・夫婦円満などです。

個別ページ ■この記事のカテゴリ:今日の奥尻島
【神社シリーズ第4弾】

奥尻島観光協会のブログをご覧の皆様、こんにちは!(^^)!
いつもご覧いただき、ありがとうございます。

今回は奥尻島の南にある、青苗地区と米岡地区の神社を紹介します!
まずは青苗地区にある言代主神社です。
この神社には八重言代主神(やえことしろぬしのかみ)という神が祀られていて、日本の国造りを行った国津神(人々が住むところの近くの山に住まう神々)と言われています。
御利益は商売繁盛、開運、厄除け、福徳円満、病気平癒、海上安全、大漁満足、学業、歌舞音曲などがあります。

次は米岡地区にある、齊明神社です。
この神社には天照皇太神(あまてらすおおみかみ)という神が祀られています。この神の名は結構有名ですよね(^^♪
御利益は国土平安、五穀豊穣、生命力向上などです。
天照大御神の別称で、全6個の別称があります。
イザナギから生まれた太陽神の女神とされています。
天照大御神は各地の天祖神社や摂社・末社として全国の神社に祀られていますが、伊勢神宮内宮が一番有名であり、皇室・総理大臣も参拝します。

個別ページ ■この記事のカテゴリ:今日の奥尻島
新しい旅のスタイル 対象宿泊施設 どうみん割   帰りのフェリー運賃無料キャンペーン! 帰りのフェリー運賃無料キャンペーン!   奥尻ムーンライトマラソン公式WEB 奥尻ムーンライトマラソン   ひやま・奥尻島サイクルーズ ひやま・奥尻サイクルーズ   奥尻島バリアフリー観光マップ 奥尻バリアフリー観光  
  奥尻島・離島最北限のお米を守れ!プロジェクト

Facebookページも宣伝 ****************************
奥尻町のふるさと納税****************************
観光パンフレット無料送付中!
島あそび・島体験メニュー
奥尻島観光PR動画
奥尻島教育旅行のご提案
檜山の観光~檜山振興局~
せたな観光協会
江差観光コンベンション協会
ブログ内検索
カレンダー
2021年3月
« 2月   4月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
カテゴリ別一覧
月別一覧
LINKS
Feed
サイトマップ
奥尻島に旅行するなら