サイトマップ

奥尻島観光協会奥尻島観光協会ホームページ

「食」イメージ

北海道の寒流が育てあげた海の幸。
奥尻島で旬のウニ、アワビ、海産物を味わい尽くす。

1.大盛りウニどんぶり 2.タラの三平汁 3.ホッケのしゃぶしゃぶ 4.アワビの地獄焼き
1.大盛りウニどんぶり 2.タラの三平汁 3.ホッケのしゃぶしゃぶ 4.アワビの地獄焼き

 例えばウニやアワビの高級食材を、お手頃な値段でたっぷり楽しめる。しかも、獲れたて新鮮。これぞ、島へ来た旅人だけに許される最高の贅沢です。
離れ小島の厳しい自然は、その代償として1年を通じて豊富な海の幸を提供してくれます。(※下の表【奥尻島の海の幸と旬の季節】を参照)

 派手さはなくとも、素朴で味わい深いのが山の幸。
キトビロ(ギョウジャニンニク)は、早春の風とともにあらわれる北の山菜。奥尻産のキトビロは、特有のクセある香りが少なく、ほのかな甘みが春の到来を告げているようです。

 この他にも春から秋にかけて、ボリボリ・シメジ・フキ・コゴミ・タラノメ・ゼンマイ・タケノコ・キノコ各種を島内で採ることができます。

奥尻島の海の幸と旬の季節
アワビ 通年
ウニ 5~8月中旬
真イカ 6~12月
ヤリイカ 1~5月
カレイ 春夏
ホッケ 春夏
ソイ 春夏
ヒラメ 春夏
アブラコ 春夏

 島土産には海産加工品がおすすめします。高鮮度の食材を、最適な調理法で、深みのある味に仕上げています。ウニ・イカ・タコなどの塩辛や燻製、イカめし・スルメ・生干しイカ、ワカメ・寒ノリなど、島風味たっぷりの品々がそろっています。

【グルメのツボ】
ウニ漁は盛夏のころに最盛期を迎えますが、その年の天候によっては、5月の早い時期から「早出しウニ」が出荷され、一足先にウニ丼を楽しめることもあります。

島の飲食店一覧

所在地 名称 電話 備考
稲穂 食事処 さくらばな(01397)2-3630 店主が漁師の食堂。新鮮な魚介類を使ったメニューがいっぱい。
手造り塩辛類・海産物も沢山取り揃えております。土産店有り
奥尻 まつや食堂(01397)2-2067 奥尻のうには時期格別。美味しいうに丼を味わってみて下さい。
うに丼ハーフ他、丼物、ラーメン色々あります。
奥尻 吉野寿司(01397)2-2358 奥尻島の寿司はとにかく旨い!そのうえ吉野寿司なら安い
お昼も営業しているのでお気軽にご利用できます。
奥尻 叶寿司(01397)2-3340 また来たくなる様な笑って帰る、笑って来られる雰囲気
そんな接客を目指しております。
奥尻実乃花(みのはな)(01397)2-2032いつも楽しい会話と笑顔がはずむ店。お客様のお話をとことんお聴きします。
奥尻ひまわり弁当(01397)2-3110各種お弁当の手配。
青苗 北海寿司 (01397)3-2288 気軽に入れる店を心がけております!
新鮮な奥尻の幸食べに来てくださいね
青苗海老寿亭(01397)3-1115昼:11時~1時 夕方:6時~10時 休み:不定休
青苗お食事処 潮騒(01397)3-2839 奥尻島で獲れる、海産物を使用しております。


新

奥尻島の新しい試みを紹介します。フットパスのご案内と奥尻ブイヤベースのご案内いたします。
» 詳しくはこちら

食べる

ウニ・アワビ、四季を通じてあふれる海の幸、素朴でうまい山の幸。
味わい深い島の幸をめぐる旅。
» 詳しくはこちら

遊ぶ

離島のレジャーは、とことん体感型。
海水浴、ウィンドサーフィン、釣り、キャンプ、島歩き、そして温泉へ。
» 詳しくはこちら

観る

飾らない自然の姿。海岸線の奇岩、島の展望、表情豊かな太陽、島人たちの優しい笑顔
すべてが島の魅力です。
» 詳しくはこちら