サイトマップ

奥尻島観光協会奥尻島観光協会ホームページ

CIMG1952

防災フットパス・津波語りべ隊

■受入期間 4月〜10月
■営業時間 9時〜16時
■定  員 グループ10名〜
■体験時間 60分〜120分
■料  金 (地元ガイド付き)500円
申込期限 3日前まで要予約

■お申込先・お問い合わせ先■
奥尻島観光協会 ℡01397-2-3456

※防災フットパスとは・・・島のフットパスコースの青苗岬めぐりコース(Bコース)を歩きます。
青苗岬めぐりコースは、平成5年7月の震災で大きな被害を受けた青苗岬をめぐります。
磯船が並ぶ海岸とイカ釣り漁船が停泊する漁港、朝日も夕日も楽しめる南端の岬が見どころです。
津波館に立ち寄れば、震災当時の復興後の新旧市街地を見比べることができます。

◇防災フットパスのポイント
・世界で唯一の防災フット
・津波語り部隊がガイドします
・震災当時の状況・復興・防災を学べます
・島人ガイドだからより深い案内が可能です

◇津波語り部隊とは・・・
平成23年3月11日に発生した未曾有の大災害である、東日本大震災以降
奥尻島の地震・津波の経験や被災からの復旧・復興対策が全国から注目を集め、東北地方の被災地を始め
全国各地から約1000名の自治体・議会・研究機関・報道機関等の関係者が視察に訪れています。
これらのニーズに対応するとともに、北海道南西沖地震後の全国からのご支援に対する感謝と震災の
教訓を後世に残すため、町と連携して「奥尻島津波語り部隊」を結成しました。
この取り組みを通じて、ご支援を頂いた全国の皆様へのご報恩とともに東北地方の皆様への復興の
未来像や次世代を担う子供達への防災意識の高揚などにつなげていきたいと考えております。

 


新

奥尻島の新しい試みを紹介します。フットパスのご案内と奥尻ブイヤベースのご案内いたします。
» 詳しくはこちら

食べる

ウニ・アワビ、四季を通じてあふれる海の幸、素朴でうまい山の幸。
味わい深い島の幸をめぐる旅。
» 詳しくはこちら

遊ぶ

離島のレジャーは、とことん体感型。
海水浴、ウィンドサーフィン、釣り、キャンプ、島歩き、そして温泉へ。
» 詳しくはこちら

観る

飾らない自然の姿。海岸線の奇岩、島の展望、表情豊かな太陽、島人たちの優しい笑顔
すべてが島の魅力です。
» 詳しくはこちら