サイトマップ

奥尻島観光協会奥尻島観光協会ホームページ

IMG_6214

7・12日  北海道南西沖地震から20年。これまで震災後1年や5年、10年などの節目に

町として198人の犠牲者の慰霊と再生を誓う式典を主催してきましたが、20年の今年で区切りを

付けました。今年で式を最後にする理由については、過去を振り返らずに島の未来に向かう契機としたい

と、奥尻町長の前向きな姿勢からきています。

最後の鎮魂行事という事と、震災から20年目という事から今回用意したキャンドルは2000本。

IMG_6165 IMG_6173

IMG_6182 IMG_6189

IMG_6192 IMG_6214

今年は2000本のろうそくで時空翔前にメッセージを灯しました。

メッセージは「20 海あれど 風こえて ふるさとに今」

IMG_6209

その他の行事では、慰霊碑献花、麻生 直子さんの鎮魂詩・朗読、鎮魂コンサートや灯ろう流し、

ほたる(300匹)を放したり、2000本の線香花火を参加者全員で行われました。

主催の「時空翔を灯す会」では、平成16年から震災・津波で犠牲になった方達への鎮魂として、時空翔に

キャンドルを灯し続けています。

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

北海道南西沖地震から20年、島民が一丸となって尽力し復興を果たしました。

だからこそ奥尻島は東北の被災者の方たちの希望にならなくてはいけないのです

大津波・大地震の経験者として、東北の被災者達になにができるのか、これから先も一緒に復興までの道のりを歩み

全力で応援していくことを強く強く心に誓った20周年鎮魂行事でもありました。。。

災害はいつ起こるかわかりません。忘れた頃にやってくるものでもありません。今日・明日起こっても

おかしくないのが災害です。

つぎは我が身という気持ちを常に意識し、防災意識を高め日々過ごしていくことが大事ですね!

IMG_6216

このキャンドルに込めた祈りがみなさんに届きますように・・・・・・。

 

 

 

 

 

 


新

奥尻島の新しい試みを紹介します。フットパスのご案内と奥尻ブイヤベースのご案内いたします。
» 詳しくはこちら

食べる

ウニ・アワビ、四季を通じてあふれる海の幸、素朴でうまい山の幸。
味わい深い島の幸をめぐる旅。
» 詳しくはこちら

遊ぶ

離島のレジャーは、とことん体感型。
海水浴、ウィンドサーフィン、釣り、キャンプ、島歩き、そして温泉へ。
» 詳しくはこちら

観る

飾らない自然の姿。海岸線の奇岩、島の展望、表情豊かな太陽、島人たちの優しい笑顔
すべてが島の魅力です。
» 詳しくはこちら