奥尻島観光協会奥尻島観光協会ホームページ

おはようございます♪

今日は、今が見頃の「仙人草」をご紹介します。

奥尻島ではあちこちで観賞できます。

 

sennninnsou4

 

SONY DSC

 

せんにんそう2

 

 ■仙人草とは?

 キンポウゲ科センニンソウ属、つる性の耐寒性多年草で
原産国は日本・朝鮮半島・台湾・中国です。
花の名は、花柱が長く伸びて白い毛が密生するさまを
仙人のヒゲに見立てて名づけられました。
また、別名が《ウマクワズ⇒馬食わず》《ウシノハコボレ⇒牛歯欠》
とも言います。
ウマクワズは、センニンソウは有毒で馬が食べずに残す事からで
ウシノハコボレは、牛が食べると歯が抜けてしまう事からきています。
とてもユニークな別名ですね。

 ■仙人草の花言葉は【安全・無事・あふれるばかりの善意】です。
こんな素敵な花言葉が付けられているんですが、仙人草は有毒で
汁液が出るんですが、皮膚につくと水ぶくれができます!
観賞する際には十分な注意が必要です。

 きっと奥尻島の仙人草は島民の安全・無事を祈りつつ
静かに咲き誇っているのですね(*^_^*)

 ここで一句

・仙人草  島に抱かれ  雪化粧 (Y・S)

新

奥尻島の新しい試みを紹介します。フットパスのご案内と奥尻ブイヤベースのご案内いたします。
» 詳しくはこちら

食べる

ウニ・アワビ、四季を通じてあふれる海の幸、素朴でうまい山の幸。
味わい深い島の幸をめぐる旅。
» 詳しくはこちら

遊ぶ

離島のレジャーは、とことん体感型。
海水浴、ウィンドサーフィン、釣り、キャンプ、島歩き、そして温泉へ。
» 詳しくはこちら

観る

飾らない自然の姿。海岸線の奇岩、島の展望、表情豊かな太陽、島人たちの優しい笑顔
すべてが島の魅力です。
» 詳しくはこちら