奥尻島観光協会奥尻島観光協会ホームページ

奥尻島観光協会ブログをご覧の皆さま、こんにちは!いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

天然のあわび漁が6月に解禁になって、本日7月12日に2回目のアワビ漁が行われました。

小さな磯船の舵を足で操り、口には水中メガネを加え、手は「たも」や横のエンジンを操作してアワビを採ります。漁師さんの見事な名人芸です。

130712-126416

天然のあわび漁が許されているのは年間たったの3日間だけ。しかも奥尻島の全域が凪の日だけとの決まりがあります。

昨年は海の状況が整わず2回しか漁に出られませんでした。今年はあと1回できますが、それも7月15日まで・・・その後は天然ウニ漁が解禁となります。

DSC01975

DSC01977

DSC01978

貴重な海の資源を守るために、厳しい規制が行われるのです。

都会ではお金を出せばいつでもアワビやウニが食べられますから、一年中漁が行われていると思われる方が多いかもしれませんが、奥尻産の天然アワビはこの時期しか食べられません。

 

島の方に聞くと、天然アワビは食感がやはり違うとのことでした。奥尻ブルーの豊かな海で自然の餌を食べて成長したアワビを食べに奥尻島を訪れてはいかがでしょう?

新

奥尻島の新しい試みを紹介します。フットパスのご案内と奥尻ブイヤベースのご案内いたします。
» 詳しくはこちら

食べる

ウニ・アワビ、四季を通じてあふれる海の幸、素朴でうまい山の幸。
味わい深い島の幸をめぐる旅。
» 詳しくはこちら

遊ぶ

離島のレジャーは、とことん体感型。
海水浴、ウィンドサーフィン、釣り、キャンプ、島歩き、そして温泉へ。
» 詳しくはこちら

観る

飾らない自然の姿。海岸線の奇岩、島の展望、表情豊かな太陽、島人たちの優しい笑顔
すべてが島の魅力です。
» 詳しくはこちら