サイトマップ

奥尻島観光協会奥尻島観光協会ホームページ

奥尻島の主な釣りスポット
稲穂漁港

春・秋。港内でカレイ・アブラコ・ホッケ。左側先端沖目が大物狙い。秋から初冬にかけてカジカ。右側岩場でハチガラ。

幌内海岸

5月〜6月が中心で、砂地でカレイ・ホッケ・アブラコが狙えます。またショアジギングのメッカでブリ、ヒラメ。左側岩場でのソイ・カジカの大物ねらい。

びょうぶ立岩

足場は重いですが、ソイの大物(50~60cm級)で有名な場所。先端に出る時は渡りあり。ウェーダー必須。5月〜6月が狙い目。

神威脇漁港

5月〜6月が中心で、港内でアブラコ・ホッケ・カレイ、外側でハチガラ・カジカ。夏にはイワシのサビキ釣り。秋にはアジのさびき釣りも楽しめます。

モッ立岩〜鴨石トンネル

夜釣主体でハチガラやソイが釣れ、根掛りを覚悟でアブラコの大物も期待できる。11月頃からはカジカ。

ホヤ石発電所付近

根掛りが激しい。根掛りを覚悟でのアブラコの大物ねらい。夜約ではハチガラ・カジカ。60cm超のソイの実績あり。

千畳敷海岸

4月〜6月が中心。湾内の砂地でホッケ・カレイ。根掛かり覚悟でアブラコ・ハチガラ等も期待。1月~4月サクラマスのショアキャスティングのメッカ。

青苗漁港

先端アワビかごの前からカレイ・ホッケ・アブラコ・カジカ。その他の場所もチョイ投げで大物が期待できる。先端ではジギングでブリ・ヒラメ狙いも可能。エギングができるときもある。

釣り適地
賽の河原

根掛りが激しい場所。ソイ・ハチガラの穴釣りができる。

宮津漁港

先端が良いポイント。港内でアブラコ・カジカ。防波堤からショアジギングでブリ、港内でアジングで、アジ・イワシ、カマス、サバ。

宮津弁天宮下

外側岩場でホッケ、カレイ、アブラコ。夜釣りでソイ・ガヤ。ショアジギングでブリ、ヒラメ。水深があるのでショアスロージギングでアブラコ、ホッケもねらえる。

奥尻港湾

フェリー船着き場でカレイ。外側防波堤先端でホッケ。左側防波堤でアブラコ。秋~冬イワシのサビキ釣り。夏場はイワシの良型をメタルジグでねらえる。防波堤からジギングでブリも。

赤石漁港

港内でアブラコ・カレイ。夜釣りでソイ・ハチガラ。先端からジギングでブリ。港内でアジング。

長浜海岸

12月~3月サクラマス、ホッケ等のショアキャスティング、但しルアーロスト覚悟。

松江漁港

防波堤先端よりの内側でホッケ・アブラコ。根掛りが激しいが、ソイの大物やハチガラ。港内でカレイ。防波堤からショアジギングでブリ。港内でアジングでアジ・イワシ・サバ・カマス。エギングもできる。

青苗川付近

夕方から午後8時頃まで、クロガシラの大物が期待できる。サクラマスがショアキャスティングで狙えるが水深がないので根掛かり覚悟。

※これらのデータは、これまでの経験的な結果であり必ずということはありませんが、参考までにご活用下さい。

新

奥尻島の新しい試みを紹介します。フットパスのご案内と奥尻ブイヤベースのご案内いたします。
» 詳しくはこちら

食べる

ウニ・アワビ、四季を通じてあふれる海の幸、素朴でうまい山の幸。
味わい深い島の幸をめぐる旅。
» 詳しくはこちら

遊ぶ

離島のレジャーは、とことん体感型。
海水浴、ウィンドサーフィン、釣り、キャンプ、島歩き、そして温泉へ。
» 詳しくはこちら

観る

飾らない自然の姿。海岸線の奇岩、島の展望、表情豊かな太陽、島人たちの優しい笑顔
すべてが島の魅力です。
» 詳しくはこちら