サイトマップ

奥尻島観光協会奥尻島観光協会ホームページ

「奥尻島津波館」イメージ

平成5年7月12日に発生した北海道南西沖地震。
その直後に島を襲った大津波の痛ましい記憶を後世に伝える施設

198のひかり
198のひかり
鎮魂と記憶の空間。災害で亡くなられた198名(行方不明者)のモニュメント

 

勾玉物語
勾玉物語奥尻島の歴史をさまざまな出土品や模型で見ることができます。
映像ホール
映像ホール災害の記録や海の自然を臨場感あるDVD映像(CG)で伝えます。
平成5年7月12日午後10時17分、奥尻島に大きな被害をもたらした北海道南西沖地震。
その災害の記憶と教訓、そして全国から寄せられた復興支援への感謝。それらを後世に伝えるのが奥尻島津波館の役割です。展示スペースは災害によってなくなられた198名を悼む「198のひかり」や、災害の記録を映像で伝える「映像ホール」、そして震災の記憶だけでなく島の遺跡から発掘されたヒスイの勾玉(複製)や遺物を展示している「勾玉物語」など7つのテーマにわかれています。臨場感ある映像と音とで楽しめる「映像ホール」(50名収容)では、「災害の記憶」・・・北海道南西沖地震の発生メカニズムから災害の規模、そして復興への姿がつづられたドキュメント作品をご覧になれます。

【開館時期】 4月中旬~11月中旬まで(期間中は無休)
【入館時間】 9:00~17:00まで
【入 館 料】 大人500円・小中高生170円
団体割引(10名以上)10%割引
エリアマップ 津波館の地図
【関連ページ】
奥尻島復興への軌跡
北東エリア

奥尻エリア

青苗エリア

北西エリア


新

奥尻島の新しい試みを紹介します。フットパスのご案内と奥尻ブイヤベースのご案内いたします。
» 詳しくはこちら

食べる

ウニ・アワビ、四季を通じてあふれる海の幸、素朴でうまい山の幸。
味わい深い島の幸をめぐる旅。
» 詳しくはこちら

遊ぶ

離島のレジャーは、とことん体感型。
海水浴、ウィンドサーフィン、釣り、キャンプ、島歩き、そして温泉へ。
» 詳しくはこちら

観る

飾らない自然の姿。海岸線の奇岩、島の展望、表情豊かな太陽、島人たちの優しい笑顔
すべてが島の魅力です。
» 詳しくはこちら